旧異記

このサイトについて

Twitterやfacebook、Tumblrなどが現れて自サイトを持つ意味が薄れてきた昨今。私も以前持っていた自サイトが気が付いたら消滅してしまったものの、別に良いかなと思ってほったらかして居ました。

しかし、色々なサービスに情報が分散してしまい、Web上での活動の「核」が無い。そこで、私を中心に情報をまとめるサイトを作ろうと思ってこのサイトが出来たわけです。

サイト名

サイトの名前が読めない方が多いでしょうが、造語なので当然です。旧異記と書いて「ふることふみ」と読みます。ふることふみ というのは、古事記の大和言葉読みと同じになっています。

サイトの方針

一応、色々なブラウザで表示崩れしないように考えて作っていますが、確認はGoogleChromeでしかしていません。Android版は専用phpを用意したいのですが……。あと、ブロードバンドが普及した昨今ですが、軽いページを心がけています。

サイトのデザインをどうするかは色々悩んだのですが、和風でシンプルにしたいというのは決まっていました。そこで素材サイトを見ている時にwargo patternさんを見つけて「墨で書いた風のグレースケールなサイトにしよう」と決めました。

サイト全体の雰囲気は色々悩んだのですが、古き良き個人サイトを模す事にしました。

昨今のWebサイトは見やすさこそ向上したものの、分かりやすいナビゲーションだのメニュー名だので実につまらない。家で言えば団地やマンションみたいなものです。ネット黎明期の個人サイトは、製作者のセンスがよく現れていて、箱庭の様な雰囲気があり面白かった。

このサイトでは

PHPによる効率的な管理

サイトを作るにあたり、HTMLで書いてアップするというやり方ではデザイン変更などの際に面倒になるため、PHPで自動出力するようにしました。URLが○○○.php?page=~ の様になるのが嫌なので.htaccessでスラッシュ区切りにしたり、編集が面倒なのでオンライン編集機能をつけたり、色々してる内に結構高機能になりました。随時開発更新中です。バグを見つけた、同じPHPを使いたいといった場合はメールやTwitterでご連絡下さい。


更新日時:2015/04/21 07:19 閲覧数:58