旧異記

好きな言葉

私の好きな言葉、名言、考え方などを紹介します。

我々はただ面白おかしく暮らしているだけなのに!!

夏目友人帳の妖怪のセリフから。特に何をしたわけでもないのに、坊さんによって祓われてしまいそうになった妖怪が夏目に漏らした愚痴がコレ。面白おかしく暮らしている、という事が当たり前なのがとても羨ましく、また妖怪らしい考え方。

躓く石も縁の端

たまたま躓いた石でも、世に無数存在する石のなかでそのようになったのは縁の端にかかっている、というような意味の諺。

真実とは、問いかけることにこそ意味もあれば価値もある

ジャイアントロボ THE ANIMATION ~地球が静止する日~ から。真実というのは一つなのかもしれないけど、確実に得られたと判断する事自体ができないわけで、そうなるとプロセス、問う事にこそ意味や価値があるのでしょう。

世に不思議無し、世凡て不思議なり

京極夏彦の巷説百物語から。あるいは百鬼夜行シリーズの「この世には不思議な事など何もない」でも良いんですが、こちらの方が好きです。

世の中は不思議な事だらけなわけですが、それは当たり前の事なので不思議ではない。そこで当たり前だと不思議のままにするのではなく、解明する事が出来ると思えば不思議ではなくなる。

力こそパワー

「力こそが正義」のパロディ的な言葉で「毎日がエブリデイ」等の言い回しと同様、同じ事を言葉を変えていっているだけの無意味な言葉。なのだけど、何となく説得力がすごくある。

酒は憂いの玉箒

酒は心の憂いを払ってくれる箒のようなモノ。酒飲みの言い訳みたいな言葉ですが「お酒は箒の様に憂いを払う為にあるのであって、箒をバンバン叩きつけて余計に散らかすようではいけない」という風に考えてます。

今日をがんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!

「明日からがんばるんじゃない…今日…今日だけがんばるんだっ…!今日をがんばった者…今日をがんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!」

カイジの班長さんのセリフから。割りと極限状態の時に必要になってくる考え方。本当に、明日が来ない時のために。


更新日時:2015/06/07 00:49 閲覧数:8