旧異記

カメラ紹介

写真を撮り始めたいよ、という人のための紹介ページ。似たような記事を色んな人が書いてると思うけど。

カメラの選び方

カメラも色んな種類があって、まずどこらへんを買えば良いのかすら分からないという人が多い。調べても色々書いてあって嘘くさい情報も出ている、という事でカメラの種類と選び方について解説。

カメラ機能の種類

まずカメラに搭載された機能を知らないと、カメラ選びの説明を聞いても全くわからないので簡単に解説。

光学ズーム
レンズの力で遠くのモノを大きく写す機能。ズームしても画質が劣化しないが、全体的に暗くなる傾向がある。
デジタルズーム
ソフト処理で遠くのモノを大きく写す機能。単に画像を切り出してるだけなので画質が劣化する。
光学式手ぶれ補正
カメラの機械的な仕組みで手ブレを防ぐ機能。画質が劣化しない。
電子式手ぶれ補正
ソフト処理で手ブレを防ぐ機能。画質が劣化する。

カメラの種類

主要なカメラの種類について簡単な解説。カメラは種類ごとに機能や性能が違うので「これが一番」はありえない。よくある「一眼レフが最高で、コンデジが最低」みたいなのは全くの間違いで、そういった解説をしてるサイトは基本的な思考がおかしいので参考にしない方が良い。

スマホカメラ
スマホに搭載されたカメラ。機械的な機能が少なく、撮影の設定をしたりするのが面倒くさい。最近のスマホなら搭載されてるレンズや素子が良いため綺麗な写真が撮れ、加工からSNSへのアップまで直ぐ出来てしまう。
コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)
小型のデジタルカメラ。比較的安いものだったが、最近は特殊な機能を持ったモノや高級なモノにシフトしつつある。小型で便利なのが特徴。
レンズ交換式カメラ(一眼レフ/ミラーレス一眼)
レンズを交換して撮影できるカメラ。スマホやコンデジに比べて画質面や機能面でも勝っている場合が多く値段も高め。不便だが色々な撮影ができる。お金がかかる。

普通に購入候補になってくるのはコレくらいだと思う。レンズ一体型カメラとかフィルムカメラとかあるけど、初心者が選択肢に入れるべきではないので割愛。

フィルムカメラはゴミみたいな値段で売ってる事があるけど、趣味人のための物なので絶対買わない方が良い。フィルム代と現像代でお金が直ぐ飛ぶし、デジカメと違って撮影スキルも必要。

この中でどのカメラを使うのが良いかは、目的なんかによって違ってくるわけだけど「スマホのカメラからステップアップしたい」を前提に、以下に持論を記す。

まず、スマホのカメラというのは(最近の機種なら)基本性能はそんなに悪くない。機械的な性能も結構良いし、ソフト処理面では高価なカメラを超える面もある。SNSにアップする程度の写真であれば綺麗に撮る事も可能。なのでカメラを購入しても満足できない可能性は結構ある。

一方で、スマホカメラでは上手く撮影できないケースというのもある。暗所撮影に弱い、遠くの物の撮影に弱いとか色々言われるけど、何より「撮影しづらい」が最も大きな問題点だと思う。カメラのホールドがし辛い、撮影設定がし辛い、シャッター切るのもやり辛いなど。この撮影のし辛さがそのまま写真の出来栄えにも反映されるし、何より撮影モチベーションが下がる。なので「よく撮影するから、撮影しやすくしたい」というだけでカメラを買う意義を見いだせる。


更新日時:2017/07/09 13:22 閲覧数:16